コンセプト

コンセプト

震災の教訓伝えて恩返し


全商品、パッケージの裏面を通じて、震災の食と健康維持の教訓をお伝えしております。

日本の国土には地震・津波・台風・山崩れ・水害など多様な自然災害が多く、ときに予測を超える被害によって、かけがえのない生命や財産などに影響を及ぼしています。さらに、地球温暖化による気候変動の影響により近年は、災害級の猛暑、竜巻や集中豪雨の発生頻度が増加傾向にあります。
人口が減少していく一方で、災害は多様化・頻発化・甚大化しています。ということは、これまで以上に一人ひとりの防災・減災意識を高めておく必要があると思います。

東日本大震災が起こった3月11日は、雪がちらつく寒い中、外で救助を待つ人も少なくありませんでした。が、今後は「地震×豪雨」など、異なる災害が同時に起こらないとも限りません。
東日本大震災では「想定外」という言葉をよく耳にしました。「想定外」を経験した者として、未来を担う子ども達には、科学的に想定されている被害の大きさに頼るだけでなく、異なる災害が同時に発生することなどを加味した防災・減災対策を伝えていかなければと思っています。

商品を通じて、支援してくださった方々や遠くから思いを寄せ応援してくださっている方、環境が変わった中でも、たくましく元気な姿でたくさんの勇気をくれた子ども達、自然との思い出をたくさん与えてくれた気仙の恵みと地元へ恩返していけたらと思っております。

 

乾燥りんご製造に込めた想いと経験

災害時、ライフラインが停止した災害では水や加熱が必要な備蓄食は、いざというときに食べることができませんでした。目の前に食品があるのに…。

ライフラインが停止することを想定し、水がなくても食器がなくても食べることができるものを備蓄しておく必要があることを経験から学びました。また、避難所の長期生活で主食系食品が中心で炭水化物中心の食生活から、たんぱく質不足、ビタミン・ミネラル、食物繊維不足になり、友人や知人の子どもたちが口内炎や体調不良になりました。

このような経験から、ライフラインがストップした環境下でも、一人でも多くの人が、ビタミン・ミネラルな一つでも多くの栄養素を手軽に摂取できる備蓄食をつくりたいと思いました。

 

 





\よく聞かれる質問/

「なぜ、乾燥りんごで起業?」


手軽に摂取できるビタミンといえば…
⇒ 果物
⇒ 地域にある果物
⇒ 「米崎りんご🍎」

というような、単純な発想からです。







例えば、こちらの三陸鉄道の社員キャラクター「鉄道ダンシ(大船渡出身:恋し浜レン)」の商品は、2016年希望郷いわて国体のお土産品ということも意識して考えたものです。
10代、20代の女性、もしくは鉄道ダンシのファンの方からは好まれるのですが、男性のどの年代の方からも良い反応をいただいたことがありません。

テスト販売、対面販売、お客様の反応から、年代によって興味を持っていただけるパッケージは異なるということを学ばせていただきました。
幅広い年代の方に手に取っていただけるパッケージを考えているうちに、増えてしまいました。

 

 

この商品を既に販売していたとき、商品開発の勉強会で講師の方から、「商品は自分の分身のような存在」だと教わりました。
それ以降、自分の分身のイメージとは程遠いこの商品を販売店舗さんに納めに行くことが、とても恥ずかしくなっております。
が、それでもこのパッケージの販売を続けているのは、以下の理由からです。




《食料備蓄を伝えるのに、なぜプチギフト商品?》


下のグラフは、厚生労働省が平成23年度に行った国民健康・栄養調査「住民が非常用食料を備蓄する取り組み」の結果です。

 

20代で一人暮らしの場合、備蓄食料のための費用と保管スペースなどの問題から、備蓄への取り組み率は やはり低くなると思われます。
普段、食べる食材で常温保存できる食材を多めに買っておき、食べたらまた買い足すというローリングストックの方法であれば、手軽に食料備蓄の取り組みができます。

このことも知っていただきたく、裏ラベルを通じて「常備」×「備蓄」の方法を発信しております。

また、プチギフト・お土産品であれば、ひとつの商品で「贈りたい人」「贈られた人」2人の方へ、手軽な食料備蓄の方法と震災の食の教訓をお伝えできると考えたからです。



《食品を通じて防災・減災を発信する理由》


商品を通じて「乾物や栄養補助食品が備蓄食料なる」ということを知っていただき、もしもの時に、いのちと健康維持を支えてくれる食料を備蓄していただけたらと思います。

ローリングストック法による食料備蓄は、今日からできる「手軽な減災対策」です。

 

 



 



私が乾燥フルーツをつくっています

子どもの頃の思い出は、休みのたびに、陸前高田の田んぼや畑の野良仕事を手伝わされたおかげで、地元大船渡よりも母の実家がある陸前高田で過ごしたことの方が多いです。田んぼからJR大船渡線を走る汽車を眺めながらの田植えと稲刈り、今思えば、とても贅沢な風景だったなぁと思います。

目をつぶれば今でもその風景は鮮明によみがえってきます。復興まで何年かかるかわかりませんが、気仙地区があの頃のようにまたそれ以上の故郷になることを願わずにはいられません。

震災後に必要な備蓄食に求められること

これまでは、「いざというときまで保存しておく」というのが非常食・保存食の常識でしたが、これからは通常の日ごろから利用できる長期保存が可能な食品を食べながら非常時のために備蓄していく「常備蓄」の新習慣を定着させていきたいです。

常備蓄のススメ
  • ①飲料水がなくても食べやすいもの
  • ②調理不要
  • ③食器不要
  • ④栄養面で配慮されたもの
  • ⑤世代を問わず食べられる
  • ⑥家族以外の人と分けあうことができる
  • ⑦ライフライン停止した環境下でもビタミン・ミネラルを補えるもの
  • 強いストレスがかかる有事は、身体の調子を整えるビタミン類が普段以上に必要です